空自のF2戦闘機同士が空中接触

尾翼損傷、福岡・築城基地に帰還

©一般社団法人共同通信社

接触し、垂直尾翼の上部が損傷したF2戦闘機=2日午後、航空自衛隊築城基地(航空自衛隊提供)

 2日午後3時55分ごろ、航空自衛隊築城基地(福岡県築上町など)に所属するF2戦闘機2機が基地から西約200キロ離れた長崎県付近の洋上で接触した。2機は飛行を続け自力で帰還した。それぞれ男性パイロットが1人乗っていたが、けがはない。

 垂直尾翼などが損傷しており、大きな事故につながる危険性もあった。

 空自などによると、2機は同2時55分ごろ基地を離陸し、他の2機と計4機で戦闘訓練を実施。訓練を終え、落下物がないか近づいて互いの機体を目視で確認する作業をしていた際、機体後部にある垂直尾翼の一部と、左主翼下のミサイル発射装置の一部が接触した。