BCGワクチン溶液からヒ素

©一般社団法人共同通信社

 結核予防のためBCGワクチンを溶かす生理食塩液から基準を超えるヒ素が検出され、8月からワクチンと共に出荷を停止していることが2日、厚生労働省への取材で分かった。