JR、富士山麓に直通特急新設へ

スーパーあずさ廃止

©一般社団法人共同通信社

JR東日本のE353系=4月、東京都八王子市

 JR東日本が来年3月のダイヤ改正で、主に中央線の新宿(東京)と富士急行の河口湖(山梨県)を結ぶ特急の定期列車を新設することが3日、分かった。世界文化遺産の富士山や、山麓にある河口湖などの富士五湖が訪日観光客に大人気であることに対応し、快適な移動を売りにする。

 この列車を含む中央線特急は新型車両E353系に原則として統一。主に新宿と松本(長野県)を結ぶ列車名を「あずさ」に一本化し、速達タイプに付く「スーパーあずさ」の名称は廃止する。

 新設の特急は3両編成で毎日運転し、1日に数往復させる計画だ。