セクゾ・マリウスさん大塚国際美術館アンバサダーに

©一般社団法人徳島新聞社

 徳島県鳴門市鳴門町の大塚国際美術館は3日、人気アイドルグループ「Sexy Zone」のマリウス葉さん(18)に「Holiday at the Museam(休日を美術館で過ごそう)」キャンペーンのアンバサダーを委嘱した。来年5月2日まで。

 マリウスさんは館内で撮影されたショートムービーなどを通じ、美術館の魅力を広く発信していく。

 東京・港区の虎ノ門ヒルズフォーラムであった就任発表会では、同館の田中秋筰常務理事から、マリウスさんに委嘱状が贈られた。

 マリウスさんは「大塚国際美術館で、すてきな休日を過ごし、たくさんの絵画に触れてほしい」とPRした。

 同館では、ゴッホの全身自画像「タラスコンへの道を行く画家」の陶板画の公開も始まり、製作した2点のうちの1点が会場で披露された。

写真を拡大