中国の銀行で取り付け騒ぎ

当局「デマ」発信の男拘束

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国メディアによると、四川省自貢市の地方商業銀行「自貢銀行」で2日、多くの預金者が一斉に現金の引き出しを求める取り付け騒ぎが起きた。地元公安当局は、騒動の発端となった「デマ」を流したとして、地元の男(31)を拘束した。

 インターネット上では、同行の店舗前に大勢の人が押しかけている様子の画像や動画が投稿されている。同行は2日、「経営状況は正常だ」とする公告を発表。預金者に冷静な行動を求めた。

 ネット上で「自貢銀行の株主が不正に預金を引き出し、返済不能になっている」との情報が出回り、その後、多くの預金者が引き出しに殺到したという。