パチンコ店で現金奪われる、東京

売上金1千万か、店員けが

©一般社団法人共同通信社

 4日午後11時45分ごろ、東京都大田区西蒲田のパチンコ店で「男3人に売上金を奪われた」と、男性店員(48)から110番があった。店員はもみ合った際に足首に軽いけがをし、警視庁蒲田署が強盗致傷容疑で男らの行方を追っている。

 同署によると、奪われたバッグに入っていた売上金は1千万円ほどあるとみられる。店員が3階の店舗から4階の事務所に現金を運ぼうと非常階段に出たところ、被害に遭った。男らは身長170~180センチで、黒っぽい服装に目出し帽をかぶっており、徒歩で逃走した。 

 現場は東急池上線蒲田駅前の飲食店などが立ち並ぶ一角。