「#救助」8割が要請とは無関係

西日本豪雨でツイッター

©一般社団法人共同通信社

「#救助」を含む投稿の割合

 「#(ハッシュタグ)救助」の8割は実際の救助要請とは無関係―。西日本豪雨を巡り、東北大の佐藤翔輔准教授(災害情報学)らが、ツイッターで救助を求めるキーワードを含んだ投稿を分析した結果、こんな実態が浮かんだ。佐藤准教授は、救助要請は電話が基本とし「本当に助けを求める人のツイートは埋もれがちだ。緊急時は不要な投稿を控えるなど配慮が必要」と指摘する。

 「#」はハッシュタグと呼ばれ、検索がしやすくなる機能。ツイッターも、公式アカウントの一つで救助要請は電話を優先するよう案内しており、ほかに手段がない場合に「#救助」を付ける方法を紹介している。 

ツイッターが公式アカウントで紹介する救助要請の方法