東海道新幹線が緊急停止

鳥と衝突か、浜松市内で

©一般社団法人共同通信社

 5日午前11時10分ごろ、東海道新幹線の浜松―掛川間を走行していた新大阪発東京行きのぞみ316号が、「ドン」という異常音を確認したため、浜松市内で緊急停止した。約20分後に運転を再開。けが人はいなかった。

 JR東海によると、浜松市南区三和町付近を走行中に運転士が音を確認した。車両に鳥と衝突したような痕跡があった。車両の安全を点検し、運転を再開した。

 のぞみ316号を含む上り線の7本が最大27分遅れ、計約6300人に影響した。