2019年セ・パ交流戦は6月4日スタート 初戦カードで西武と広島の両覇者が対決

©株式会社Creative2

2018両リーグの覇者、広島・緒方監督(左)、西武・辻監督【写真:荒川祐史】

各チームがホーム9試合、ロード9試合の18試合を行う

 NPBは5日、2019年度セ・パ交流戦の試合日程を発表した。

 初戦カードは、6月4日に行われる日本ハム対ヤクルト、楽天対巨人、西武対広島、ロッテ対阪神、オリックス対DeNA、ソフトバンク対中日の6試合となる。最初のカードで、今季パ覇者の西武、セ覇者の広島が対決する。

 各チームはホームゲーム9試合、ロードゲーム9試合の計18試合を行い、全108試合が行われる予定。また2019年にホームゲームで行ったカードは2020年はロードゲームで行い、2019年にロードゲームで行ったカードは2020年はホームゲームで行うことになる。(Full-Count編集部)