学習塾や学校を対象にした動画教育サービス「スクールTVプロフェッショナルエディション」、学習状況把握機能の拡充と中学生向け「国語」動画の配信開始

©株式会社翔泳社

イー・ラーニング研究所は、同社が提供している学習塾・学校などを対象にした小中学生向け動画教育サービス「スクールTVプロフェッショナルエディション」に、教師や講師が生徒の過去から現在までの学習状況を閲覧できる機能を12月に追加する。

新機能では、生徒それぞれのこれまでの動画視聴状況や、動画学習時間の一括管理が可能になる。また、動画連動ドリルの解答と正誤を確認できるので、それぞれの生徒の苦手分野を見つけることが可能となり、個別指導や補習学習における生徒へのフォローがしやすく、反転学習の効果を最大限に活用できる。

そのほか、「スクールTVプロフェッショナルエディション」に、中学生を対象とした「国語」の動画配信も開始する。国語教科では文字量が多くなってしまいがちだが、文字に動きをつけたり、イラストや色彩を多用したりすることで、生徒の集中力を持続させ、継続的な取り組みを促す。