ネットの糖尿病予測を中断

厚労省「医療機器に該当」

©一般社団法人共同通信社

 国立国際医療研究センターが10月下旬にインターネット上に公開した糖尿病になるリスクを予測する人工知能(AI)システムについて、厚生労働省が未承認の医療機器に該当する可能性があると指摘していたことが5日、分かった。指摘を受け同センターは公開を中断した。

 システムは年齢、身長、体重、腹囲、血圧、喫煙習慣など健康診断の基本項目を入力すると、3年以内に発症する「あなたのリスク」がパーセントで表示される。同センターが3万人分のデータをAIに学習させて、リスクを計算する方法を開発し、10月24日に公開した。