【チャンピオンズリーグ】ケガ人続出のアトレティコはリベンジを果たせるか⁉バルサはグループ突破の可能性も グループA~B 第4戦プレビュー

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

大敗を喫したアトレティコのリベンジなるか

UEFAチャンピオンズリーグのグループステージも後半戦を迎え、決勝トーナメント進出の可能性がチームが現れるようになった。強豪クラブの苦戦も見られる中、第4戦ではどのような展開が待っているのだろうか。

第3戦でボルシア・ドルトムントと対戦したアトレティコ・マドリード、は0-4という衝撃的なスコアで敗戦となった。これはディエゴ・シメオネ監督が就任してから公式戦391試合目で初となる4失点で、ホームでリベンジを果たしたいところだ。ただ、アトレティコはケガ人が続出するという緊急事態に見舞われており、ディエゴ・ゴディンとディエゴ・コスタといった攻守の要がドルトムント戦は欠場。さらにホセ・ヒメネスやコケといった主力選手の欠場もほぼ濃厚となっており、アトレティコは厳しい戦いが強いられる。

絶好調スアレスのゴールなるか

グループBでは早くもグループステージ突破の可能性があるチームが出てきた。3連勝中で単独首位に位置するバルセロナは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定。勝利すれば文句なしで首位通過が確定的となる。さらに右ひじを骨折したリオネル・メッシも全体トレーニングに復帰しており、悲願のCL優勝に向けて視界良好だ。一方で崖っぷちに立たされているのがトッテナム・ホットスパーだ。3試合消化して勝ち点はわずか「1」。残り3戦で全勝するのが最低条件で、今節のPSV戦は絶対に負けられない戦いとなる。