中2自殺「いじめあった」、東京

八王子市教委が第三者委設置へ

©一般社団法人共同通信社

 東京都八王子市の教育委員会は6日、記者会見を開き、市立中学2年の永石陽菜さん(13)が8月に自殺を図り、その後死亡したと発表した。3月まで在籍していた中学での部活動でトラブルがあったとする遺書を書いており、市教委は中学の内部調査を受け「いじめがあった」と認定した。今月中に有識者による第三者委員会を設置し、自殺との因果関係を調べる。

 市教委によると、陽菜さんは昨年8月、家族旅行で部活動を休んだことから、上級生から会員制交流サイト(SNS)で「どうして休んだ」と批判され、不登校に。

 両親は「上級生の批判後、同級生からも無視されるようになった」と訴えている。