中2女子自殺 父が無念 「いじめ」で会見

©株式会社フジテレビジョン

東京・八王子市で、2018年8月、中学2年生の女子生徒が自殺を図り死亡したのは、いじめが原因だったと遺族が無念の思いを語った。

亡くなった永石陽菜さんの父・洋さんは、「陽菜が学校に行けなくなった際、当校には悪い子は一切いませんという形で、親身に相談に乗っていただけなかった」と話した。

亡くなったのは、八王子市の市立中学2年の永石陽菜さん(13)。

市の教育委員会によると、陽菜さんは2017年8月、部活動の上級生らからLINEで批判されたり、無視されるようになったが、当時、学校側は「いじめはなかった」と結論づけていた。

その後、陽菜さんは転校したが、2018年8月、電車に飛び込み、その後死亡した。

父・洋さんは、「とにかく第2、第3の陽菜を出さないことをお願いしたい」と話した。

八王子市教育委員会は、いじめがあったことを認め、第3者委員会を設置して、いじめと自殺との因果関係について調査する方針。