晩秋の夕日 ドライバーら絶景撮影 国道202号沿い

©株式会社長崎新聞社

 西彼杵半島を五島灘沿いに走る国道202号。写真愛好家やドライバーらが道路沿いの公園などに立ち寄り、晩秋の夕景を撮影している。

 同国道は長崎や西海、佐世保など6市町を通る沿岸道路「ながさきサンセットロード」の一部。周辺の橋や教会などの景観の美しさが認められ、2007年に国土交通省の「日本風景街道」に登録された。県や市町などで構成する推進協議会が写真コンテストを開いたり、住民と環境美化に取り組んだりしている。

 西海市大瀬戸町雪浦下郷の展望所では5日、沖合の池島越しに夕日が沈む姿をとらえようと、カメラやスマートフォンを手にした人たちがシャッターチャンスを待ち構えていた。

かつての炭鉱の島、池島と夕日を撮影するカメラマン=長崎県西海市大瀬戸町