【チャンピオンズリーグ】バイエルン&シティがビッグマッチ前に弾みをつけられるか グループE~F 第4戦プレビュー

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

勝利を収め決勝T進出を確実なものにしたいバイエルン

大本命が序盤で思わぬ躓きを見せ、展望が不透明となったグループEとF。週末にリーグ戦でビッグマッチを控えているバイエルン・ミュンヘンとマンチェスター・シティは、決勝トーナメント進出を確実なものにすることが出来るだろうか。

直近のブンデスリーガで引き分け、チーム内でニコ・コバチ監督解任の声が聞こえてきたバイエルン。首位のボルシア・ドルトムントとの大一番が控えている中、ホームでAEKアテネを粉砕して不協和音を取り除きたいところだ。アヤックスの躍進もあり未だグループ突破を決めれていないバイエルンだが、第4戦でアヤックスとともに勝利を収めれば、両チーム仲良く決勝トーナメント進出が決定。焦点は第6戦のバイエルンとアヤックスの直接対決となり、ラウンド16で強豪の対戦を避けるためには首位通過が必須条件となる。

ダービー前に弾みをつけたいシティ

グループステージ初戦を落としたものの、その後の復調とライバルたちの躓きもあり、シティはグループFで首位に位置している。シャフタール・ドネツクに勝利してリヨンがホッフェンハイムを下せば、グループ突破が決定する。ただシティはシャフタールと過去3試合で2勝1敗と圧倒しておらず、第4戦は油断できないゲームに。さらにチャンピオンズリーグにおいて、シティは現在ホーム連敗中である(リヨン、リバプール、バーゼル)。前節でシャフタールにアシストを記録したケビン・デ・ブルイネは、膝の負傷で欠場が確定している。