災害復旧の補正予算成立

豪雨、地震対策で9千億円

©一般社団法人共同通信社

参院本会議で2018年度補正予算が可決、成立し一礼する安倍首相(右端)ら=7日午後

 2018年度補正予算は7日夕の参院本会議で全会一致により可決、成立した。総額9356億円で、西日本豪雨や大阪府北部地震、北海道の地震の復旧費などを盛り込んだ。今後、臨時国会の焦点は、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案審議に移る。12月10日までの会期内成立を目指す与党と、拙速な審議に反発する野党の駆け引きが激しくなりそうだ。

 安倍晋三首相は衆参計4日間の予算委員会審議で、補正予算について「防災対策はわが国にとって喫緊の課題だ。災害で生じた被害の状況や地域ごとの復旧、復興の進捗に応じて必要な財政措置を講じる」と意義を強調した。