キンプリ・平野紫耀、「うどん噛んだことない、21年間」発言に驚愕の声が続々

6日放送の『火曜サプライズ』に出演したキンプリの平野紫耀。うどんの食べ方に一同驚愕

©株式会社NEWSY

(©ニュースサイトしらべぇ)

6日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に、King & Princeの平野紫耀が出演。番組内で見せたうどんの食べ方が話題になっている。

■アポなしロケで天然炸裂

平野は、ホンジャマカ石塚英彦とジャニーズ大好きアナウンサーでおなじみの青木源太アナとともに、東京・江東区の商店街でアポなしロケに挑んだ。

出演する番組では、天然ぶりを発揮する平野。同番組でも街ゆく人や、入った店に居合わせた客に対して、フレンドリーかつ天然ぶりを炸裂していた。

■「うどん噛んだことないです」

立ち寄ったうどん店で、塩うどんを食べたときのこと。「うどん大好きなんですよ~」と出されたうどんを口に運ぶと、ゴクンとひと飲みし「ツルンツルン!」と満足気な表情を見せた。その後、ふと疑問に思ったのか「うどんって皆さん、噛みます?」とふたりに問いかける。

驚いた青木アナは「噛まないんですか?」と逆に質問をすると、「僕、噛まないです。飲んじゃいます」と答えた。さらに「うどん噛んだことないです、21年間」と、この世に誕生してから今日まで、うどんは飲んできたことを明かした。

■「飲んだ~!」「1回目噛んでない?」

「もう1回食べていただいていいですか?」と青木アナからのリクエストに応じて、うどんのひと飲みを披露した。これにはネット上でも「飲んだ~!」「いくら麺でも、飲み込もうと思って飲みこめるものじゃない」と驚愕のコメントが寄せられている。

「1回目は噛んでない?」との意見も多いが…確かに1回目はモグモグしているように見える。しかし、歯を使って噛んでいるのではなく、舌などを使って喉の向こう側に導いている様子。

平野のうどんの食べ方に、飲み込むまでが早い石塚も「うどんは飲み物だ……」「オレでも2回は噛むよ」と驚いていた。

■そばよりうどん派が半数超え

しらべぇ編集部は、20代〜60代の男女1,500名にそばとうどん。はたしてどちらが多いのか調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

全体では約4割が「そば派」、約6割が「うどん派」という結果となった。続いて、地方別で調べてみると…

(©ニュースサイトしらべぇ)

北海道がぱっつりと五分五分に分かれたが、そのほかでは半数以上が、うどん派であることがわかった。全国でも人気の讃岐うどんの発祥の地、うどん県(香川県)と讃岐うどんでお馴染みの四国では、やはりというべきか、うどん派が81.6%と圧倒的に多い結果となった。

■味噌煮込みうどんもひと飲みか

讃岐うどんは「噛まずにのど越しを楽しむ」と紹介されることもあるが…。名古屋出身の平野。名古屋めしの代表格のひとつはアツアツの味噌煮込みうどんだ。これをひと飲みしていたのならば…やはり、タダ者じゃなさそうだ。