松山空港で航空機事故訓練 23機関の150人参加

©株式会社愛媛新聞社

 航空機事故に備えた訓練が7日、愛媛県松山市南吉田町の松山空港であり、市消防局や県警、陸上自衛隊など23機関の約150人が消火活動や救助、応急救護などで連携を強めた。

松山空港に到着した航空機からの出火を想定した対処訓練で、負傷者を搬送する参加者=7日午後、松山市南吉田町