兵庫ダム遺体、8日にも再逮捕

殺人容疑で20歳男

©一般社団法人共同通信社

 兵庫県加古川市の権現ダム湖で8月、衣装ケースに入った大阪市淀川区の小西優香さん=当時(20)=の遺体が見つかった事件で、加古川署捜査本部は7日、小西さんを窒息死させた疑いが強まったとして、スカウト業森翔馬被告(20)=死体遺棄罪で起訴=を8日にも殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、森被告は8月9日、大阪市西区の自宅マンションで、何らかの方法で小西さんを窒息死させた疑いが持たれている。

 捜査本部は8月中旬、遺体をダム湖に捨てたとして、死体遺棄容疑で森被告と、知人の稲岡和彦被告(42)=同罪で起訴=を逮捕。いずれも容疑を否認していた。