「こうのとり」地球に向け出発

物質回収の初実験、11日帰還へ

©一般社団法人共同通信社

宇宙ステーション(下)から切り離され、地球に向けて出発する無人補給機「こうのとり」(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、小型回収カプセルを載せた無人補給機「こうのとり」7号機が同日午前1時50分ごろ、国際宇宙ステーションから地球へ向けて出発したと発表した。ステーションから物質を持ち帰るという日本初の実験に挑む。無事回収できれば、将来の日本独自の有人宇宙開発にもつながる成果だ。

 こうのとりは軌道の調整を数回行った後、地球に再突入する際にカプセルを分離。カプセルは11日朝に太平洋の南鳥島近海に着水し、地球へと帰還する。回収用カプセルは防護材により、再突入時の高温から中身を守り、真空構造の断熱容器を使えば低温を保つことも可能な設計にした。

小型回収カプセルの大気圏再突入ルートと着水予定の海域