サムスンが折り畳み式スマホ開発

大画面、中国勢と競争へ

©一般社団法人共同通信社

開発中の折り畳み式スマートフォンについて説明するサムスン電子の幹部=7日、米サンフランシスコ(共同)

 【サンフランシスコ共同】韓国サムスン電子は7日、曲がるディスプレーを搭載し、折り畳めるスマートフォンを開発していると発表した。サンフランシスコで開いたイベントで試作機を披露。中国メーカーも同様の製品開発を進めており、競争が激化しそうだ。

 有機ELを使った画面は、開ければ7.3インチの大きさになり、閉じれば上着のポケットに入れられるサイズになる。背面にもディスプレーがあり、閉じた状態でも使える。発売時期や価格は明らかにしなかった。

 折り畳みスマホは、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載。サムスンはグーグルとも協力していることを明らかにした。

サムスン電子が発表した折り畳み式スマートフォンの映像=7日、米サンフランシスコ(共同)