MIEコーポレーション、水素運搬船向け初受注

©株式会社鉄鋼新聞社

 ステンレス製管継手などの製造、販売を手掛けるMIEコーポレーション(本社・三重県桑名市、社長・永井賢治氏)は、かねてから重点強化する船舶向けの販路拡大を図った。次世代エネルギーとして注目が集まるステンレス製の水素(液体水素)運搬船用継手を初受注し、生産をスタートした。今後も造船メーカーとの連携を深め、提案営業を推進しながら需要深耕につなげたい考えだ。

 同社は2017年、構造改革を通じた基盤強化を主眼とする5カ年の中期経営計画「CHANGE & CHALLENGE ver.2」を策定。収益性向上への高付加価値戦略として、ステンレス配管事業の強化に取り組む。

 製品調達からシステム製作まで対応可能な一貫体制を武器に、新造LNG船向けやプラント用、既存船に設置するスクラバー(脱硫装置)向け配管システムを相次いで受注し、段階的に事業を拡大している。

 LNG船の新規受注が減少傾向をたどる中、エンドユーザーである造船メーカーとの関係を強化して、最新の需要動向の捕捉に注力。一貫体制、LNG船関連業務で培った加工技術のPRを交えた提案営業を継続展開した結果、液体水素運搬船関連の新規業務を受注した。

 今回同船舶一隻分の継手製品の受注を獲得し、既に生産をスタートした。一度に複数の船舶の業務を受けるLNG船と異なり、水素運搬船はスポットでの受注となる。同社は今後も提案営業を積極展開し、継続受注したい考えだ。

 永井社長は「これまでの受け身の受注姿勢から、能動的な営業展開へ方針転換を図ったことが奏功した」と評価。今後も需要家との関係深化を通じた受注拡大に努める方針を示した。