【平成の長崎】長崎ロープウェイのイルミネーション改修

平成12(2000)年

©株式会社長崎新聞社

 長崎市の稲佐山山頂と淵神社駅(淵町)を結ぶ長崎ロープウェイのゴンドラ2基に、これまでより豪華なイルミネーションが装飾された。光を増したゴンドラは、やみの中に幻想的に浮かび上がっている。
 今回の改修で、電球の数は約100個から約230個に増え、電球の明るさは6倍にアップ。JR長崎駅や長崎港の出島ワーフ周辺からも、はっきりとゴンドラを確認することができるという。
 長崎ロープウェイと稲佐山山頂のスカイウェイは、大みそかに長崎市のにちらん広場で開かれる日蘭交流400周年記念事業「21世紀へのカウントダウン」の打ち上げ花火や、元旦の初日の出に合わせ、運行時間を延長する。
 運行時間は次の通り。
 ▽ロープウェイ=12月31日午前9時―午後9時、1日午前6時―午後9時▽スカイウェイ=31日午前10時―1日午前1時、1日午前6時―午後9時。(平成12年12月30日付長崎新聞より)
   ◇   ◇   ◇
【平成の長崎】は長崎県内の平成30年間を写真で振り返る特別企画です。

イルミネーション装飾を改修し、輝きを増したロープウェイのゴンドラ=長崎市内