白石聖:桂正和原作「I”s」実写版ヒロインに “絶対的美少女”葦月伊織役

©株式会社MANTAN

連続ドラマ「I”s」でヒロインの葦月伊織(左)役に決まった白石聖さん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

 「ウイングマン」「電影少女」などで知られる桂正和さんの人気恋愛マンガを岡山天音さん主演で実写化する連続ドラマ「I”s(アイズ)」のヒロイン・葦月伊織(よしづき・いおり)役を、女優の白石聖さん(20)が務めることが9日、分かった。白石さん演じる伊織は、桂正和作品を代表する“絶対的美少女”で、原作者の桂さんも審査員として参加したオーディションによって約700人の中から抜てきされた。

 白石さんは「マンガ史に残る桂先生の作品でヒロインを務めることの責任感は、1年前の撮影からこの日まで、忘れたことがありませんでした。今、実写化する意味を考えながら、どんな時代も変わらない愛のカタチを丁寧に表現することに努めました。伊織として生きられた撮影期間は、私にとって宝物です」と思いを明かしている。 

 白石さんは、1998年8月10日生まれ、神奈川県出身の20歳。放送中の深夜ドラマ「PRINCE OF LEGEND」(日本テレビ)など出演作が続いている期待の“次世代ヒロイン”だ。ディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」とミクシィのスマートフォン向けゲーム「モンスターストライク(モンスト)」のコラボCMにも起用され、視聴者から「可愛すぎる!」との声も上がっていた。

 「I”s」は、高校2年生の瀬戸一貴(せと・いちたか)と、同級生の葦月伊織、幼なじみの秋葉いつき、一貴に猛烈にアタックする磯崎泉、伊織に似た麻生藍子らの恋を描いた人気マンガ。白石さん演じる伊織は一貴(岡山さん)のクラスメートで、演劇部(劇団『わんだこ』)に所属。容姿端麗で性格は明るいが、控えめでおとなしい……というキャラクターだ。

 白石さんは「伊織という、素晴らしいキャラクターを演じさせていただけたことをとてもありがたく思います」と感謝し、「まだ『I”s』と出会っていない方も、より多くの人にお届けできたらと思います。原作が大好きな方はぜひマンガを読み返しながら見ていただきたいです」とメッセージを送っている。

 ドラマはBSスカパー!、スカパー!オンデマンドで12月21日午後9時から放送、配信される。