ディワリ祭、首相は印中国境兵を慰問

©ピーエムグローバル株式会社

7日、ウッタラカンド州ハルシルで地元の女性と交流するモディ首相(中央右)=インド政府提供

モディ首相はヒンドゥー教最大の祭り「ディワリ」の7日、中国との国境に近いウッタラカンド州ハルシルを訪れ、駐屯兵を激励した。同日付PTI通信が報じている。

 ハルシルは標高7,860フィート(約2,400メートル)に位置し、陸軍とインド・チベット国境警察(ITBP)の隊員が駐屯している。

 また首相は、ディワリのお祝いを伝えようと集まった近隣住民とも交流したほか、ヒンドゥー教の聖地として名高いケダルナート寺院を訪問。2013年の洪水で数千人が犠牲になったケダルプリの復興状況を確認した。