「AIキャスター」中国で登場

動画ニュースで自然な声や表情

©一般社団法人共同通信社

世界インターネット大会で初披露された「AIキャスター」=8日、中国浙江省烏鎮(共同)

 【烏鎮共同】中国国営通信の新華社は、人工知能(AI)技術を活用した「バーチャル」のキャスターが原稿を読み上げる動画ニュースの配信を9日までに始めた。AI技術で人間に近い声や表情を高いレベルで再現することが可能になった。英語にも対応している。

 開発に携わったIT企業の担当者は「人間と違い、24時間働くことができる。災害や突発事件の速報に向いている」と説明。日本語などにも対応する技術を開発中で、中国政府の対外宣伝活動の強化にも利用されそうだ。

 AIキャスターは、新華社のスマートフォン用のアプリなどに配信する動画でニュースを読み上げている。