スポ庁、ゲイツ財団と連携 貧困や飢餓の撲滅目指す

©一般社団法人共同通信社

スポーツ庁と、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と妻が設立した財団は9日、2020年東京五輪・パラリンピックを契機として、スポーツを通じて国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する新たなプロジェクトを推進すると発表した。SDGsは貧困や飢餓の撲滅、質の高い教育の提供、男女平等の実現などを目指し、30年までの目標を設定している。