戸田恵梨香:メインはパンツ、大事なシーンは「赤」 「大恋愛」ファッションに注目!

©株式会社MANTAN

女優の戸田恵梨香さんが主演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の1シーン(C)TBS

 女優の戸田恵梨香さんが主演し、俳優のムロツヨシさんとの共演も話題の連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)。SNSでは「戸田恵梨香がむちゃくちゃ可愛い!」「尚のお洋服可愛い」などと戸田さんのファッションも注目されている。戸田さん演じる主人公・尚のファッションをまとめた。

 若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田さん)と、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司(ムロさん)の10年にわたる切ない純愛物語。衣装担当の矢野竜大さんによると、尚のファッションは、医者という職業柄や、走るシーンが多かったこともあり「動きやすさを重視した」ほか、「“女の子女の子”していない尚の性格」も表現するため、パンツスタイルをメインにしたという。

 白ブラウスに赤のカーディガン、白をベースにしたストライプのワイドパンツといったコーディネートや、グリーンのニットアンサンブルに黒のパンツ、イエローのニットにグレンチェックのパンツといったキレイめのスタイルから、ギンガムチェックのシャツに白のパンツ、パーカにデニムパンツといったカジュアルな着こなしまで、確かにパンツスタイルが多い。

 また、尚と真司を第1話のセリフにも登場した「“ポパイとオリーブみたいな関係”にしたい。色で言うと赤のイメージ」という監督からのリクエストもあり、大事なシーンは「(全部ではないが)赤を使うようにしている」といい、赤のカーディンやライン入りの赤いニットなどを着た姿が効果的に使われているようだ。

 ドラマは、「セカンドバージン」(NHK総合)などで知られる脚本家の大石静さんが手がけるオリジナル作品。本格ラブストーリーの連続ドラマに初出演しているムロさんの“イケメン”な演技も話題で、9日放送の第5話でいよいよ第1章も完結する。第4話のラストシーンでは、ムロさん演じる真司が、戸田さん演じる尚に別れの言葉を伝え、次回予告では、尚と真司の結婚式と思われるシーンも描かれた。果たして二人はどうなるのか……。ストーリーとともに尚のファッションにも注目したい。