直接交渉再開、合意できず

ロシアでアフガン和平会合

©一般社団法人共同通信社

9日、モスクワでのアフガニスタン和平会合に参加した(左から)アフガン政府の「高等和平評議会」関係者とロシアのラブロフ外相、タリバンの関係者(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシア政府主催のアフガニスタン和平に関する国際会合が9日、モスクワで開催され、アフガン政府の和平交渉窓口「高等和平評議会」と反政府武装勢力タリバンの政治部門代表らが参加した。2015年7月を最後に途絶えたアフガン政府とタリバンの直接交渉の再開では合意に至らなかった。

 01年に政権を失ったタリバンが公の場で発言するのは異例。

 ロシアメディアによると、評議会の代表団は会合後、タリバンが条件を満たさない限りアフガン政府とタリバンの直接交渉は不可能だとして「直接交渉再開では合意しなかった」と説明した。同評議会とタリバンの交渉継続では一致した。