大学入学共通テスト 試行調査始まる 県内は5会場

©有限会社大分合同新聞社

プレテストに臨む大分県内の高校生=10日午前、大分市の大分大旦野原キャンパス、撮影・山田志朗

 2020年度から大学入試センター試験の後継として導入される大学入学共通テストに向け、作問や実施体制の課題を検証するための試行調査(プレテスト)が10日、始まった。本番を想定したリハーサルとして全国の大学などを会場に11日までの2日間の日程で実施し、全国の高校2年と3年の計約8万4千人が参加。国語と数学Ⅰ・Aでは、一部記述式問題を採用するなど新たな出題形式も登場する。

 センターによると、国語と数学のみを実施するA日程(10日のみ)の対象は、1143校の6万6895人、英語や理科、地理歴史・公民も実施するB日程(10、11日の2日間)の対象は、708校の1万7549人。調査結果は年度内に公表する。

 大分県内は5大学であり、高校生計約730人が一足早く本番の雰囲気を味わった。

 大分市の大分大旦野原キャンパスでは約190人が挑んだ。午前9時10分に最初の「地理歴史、公民」が始まり、緊張感に包まれる中、真剣な表情で問題に向き合った。2日間で6教科8科目がある。

 共通テストの本番では国語と数学Ⅰ、数学Ⅰ・Aで新たに記述式問題を導入する。各高校で行う形式だった昨年11月の第1回試行調査の記述式問題では、国語で条件を全て満たした正答率が0・7%にとどまる問題があり、数学も2・0~8・4%となるなど、作問の難易度設定に課題が指摘されていた。

 センターは昨年の調査で各問題の配点は示していなかったが、今回は明示し、マーク式と記述式を合わせた全体の正答率は5割を目標に作問している。

 共通テストでは、英語の「読む・聞く・書く・話す」の4技能を評価するため、大学入試センターが認めた民間検定試験も導入する。ただ、今回の試行調査問題はセンターが作成し、従来のセンター試験と同様、筆記・リーディングとリスニングのみを実施し、「読む・聞く」の2技能を試す形式。