【日米野球】侍ジャパン柳田が大暴れ! 先制打&2戦連続アーチで3打点 3回猛攻で5-0

©株式会社Creative2

2戦連続となる本塁打を放った侍ジャパン・柳田悠岐【写真:Getty Images】

MLBオールスター先発ラミレスを捉える

■侍ジャパン – MLBオールスター(10日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は10日、東京ドームで第2戦が行われ、侍ジャパンが3回に柳田悠岐(ソフトバンク)の2戦連続アーチなどで4点を追加し、5-0と大きくリードを広げた。

 初回に柳田の左翼タイムリーで1点を先制した侍ジャパン。その柳田のバットが3回に火を噴いた。侍ジャパンは先頭、田中和が四球で出塁すると、続く秋山の初球ですかさず二盗。無死二塁と好機を広げると、秋山が中堅へ二塁打を弾き返し、1点を追加する。

 さらに、続く源田の当たりは一ゴロかと思われたが、敵拙守でラッキーなヒット。この間に秋山が生還し、2点目を追加した。山田は三ゴロに倒れたが、ここで登場した柳田が初球を豪快にスイング。高々と舞い上がった打球は左中間席に入る2ランとなった。

 前日の逆転サヨナラ2ランに続く、柳田の2戦連続アーチで、侍打線が完全に勢いづいている。(Full-Count編集部)