宮野真守:共演の櫻井孝宏の“音色”を絶賛 「すごく心地よかった」

©株式会社MANTAN

劇場版アニメ「GODZILLA 星を喰う者」の公開記念舞台あいさつに登場した宮野真守さん

 声優の宮野真守さんが10日、東京都内で行われた怪獣映画「ゴジラ」の劇場版アニメの第3章「GODZILLA 星を喰(く)う者」(静野孔文監督・瀬下寛之監督)の公開記念舞台あいさつに、共演の櫻井孝宏さんらと登場した。主人公ハルオの声を演じた宮野さんは、ハルオのよき理解者でもあるメトフィエスを演じた櫻井さんの声について「櫻井さんから出てくる“音色”が僕はすごく心地よかった」と語り、「(メトフィエスと)対峙(たいじ)するんですが、メトフィエスの言葉はとげがない。そこに対して逆に心をかき乱された。この音色を出せる声優は世界に櫻井さんしかいないなと……」と絶賛した。

 舞台あいさつには宮野さん、櫻井さんのほか、ユウコ役の花澤香菜さん、マイナ役の上田麗奈さん、ミアナ役の小澤亜李さん、静野監督、瀬下監督が出席。宮野さんは「ずっとハルオの気持ちが奥底にあった2年間でした。僕はハルオと共に生きていたんだなと再確認いたしました」と感慨深げな表情を浮かべて語った。

 「GODZILLA 星を喰う者」は、怪獣映画「ゴジラ」の劇場版アニメシリーズ全3章の最終章で、2万年もの間、地球に君臨し続けてきたゴジラと人類の因縁の物語が描かれている。「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」などの虚淵玄(うろぶち・げん)さんがストーリー原案と脚本を担当し、「シドニアの騎士」「亜人」などのポリゴン・ピクチュアズが製作した。