楽しく競争、運動身近に 花巻・大迫で子ども大会

©株式会社岩手日報社

レクリエーションを楽しむ参加者

 花巻市大迫町で10日、児童が運動する楽しさやスポーツを始めるきっかけ作りを目的とした毎秋恒例の子どもチャレンジランキング大会が開かれ、市内の児童81人が心地よい汗を流した。

 市と市スポーツ推進委員協議会(高橋幸一会長)主催。大迫体育館で男女別に1、2年の部、3、4年の部、5、6年の部に分かれ、20メートルの雑巾がけのタイムや、1分間のバスケットボールのドリブル回数などで競った。

 競技終了後には児童と保護者が一緒になって楽しめるレクリエーションも開かれた。