【日米野球】侍ジャパン打線が大爆発! 2桁安打&2桁得点でMLBを圧倒 柳田4安打4打点!

©株式会社Creative2

4安打4打点を記録した侍ジャパン・柳田悠岐【写真:Getty Images】

7回に3四球で2死満塁から山田、森の連続適時打で3点追加

■侍ジャパン – MLBオールスター(10日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は10日、東京ドームで第2戦が行われ、侍ジャパンが7回までに14安打12得点の猛攻でMLBオールスターチームを圧倒している。

 初回に柳田の左翼タイムリーで1点を先制。3回は秋山、源田の連続適時打&柳田の2戦連続2点アーチで4点を追加。すると、5回には柳田の3打席連続打点など打者一巡の猛攻で4点を加えた。

 5回裏にソトの左翼ソロ弾で1点を返されたが、一度目覚めた侍ジャパン打線は止まらず。7回に會澤、秋山、源田が四球を選んで2死満塁とすると、3番山田が交代したばかりの3番手ノリスから右翼へ2点タイムリー。さらに、代打の森も左前タイムリーで続き、この回3点を追加。12-1と一気にMLBを突き放した。(Full-Count編集部)