片山さつき大臣、政治資金規正法違反疑惑で秘書に“責任押し付け”か…高圧的質問の蓮舫議員が物議

©株式会社サイゾー

片山さつき内閣府特命担当大臣(写真:日刊現代/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 11月7日、災害からの復旧・復興に向けた費用を盛り込んだ今年度の補正予算案が全会一致で可決されました。先週から始まった衆参予算委員会の審議はNHKで連日放送されていたので、ご覧になっていた方も多いのではないでしょうか。

 今年度の補正予算案は総額約9356億円。西日本豪雨や北海道胆振東部地震などからの復旧・復興に向けた費用のほか、熱中症対策として公立の小中学校などにエアコンの設置を進める費用、さらに倒壊の危険性があるブロック塀の対策費用などが盛り込まれています。

 ところで、予算委員会の集中審議では、予算案の審議ではなく「調査」という名目で議員と政府側の自由討議を行うこともできます。スキャンダルの追及などは、この「調査」で行われるのです。

 ほかの法務や安全保障などの各委員会は、所管省庁の業務の範囲内での質問や特定の法案について審議するのですが、予算委員会だけは「どんなことでも質問していい」とされています。

 本来であれば国家予算について議論すべきだと思いますが、実際にはスキャンダルについて追及されることが多く、今回も予算の使い道そのものについての質疑は少ない印象でした。

●相変わらず“キャンキャン追及”の蓮舫議員

 予算委員会では、以前から失言が多いことで知られる桜田義孝大臣(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当)の失言を狙ったかのような質問もありました。

 特に、蓮舫参議院議員のヒステリックな質問の仕方は印象が悪かったですね。蓮舫議員の質問は、相手を見下しているような印象を抱きます。報道番組のキャスターを務めていたこともあるのに、残念です。ご存じのように、桜田大臣は偏った思考の持ち主なので、キャンキャン追及しなくても、そのうち自ら失言してくれると神澤は思っています。

 マスコミの報道姿勢にも疑問を抱きます。五輪予算の国の負担分「1500億円」を「1500円」と読み間違えたことは担当大臣としてあり得ないですが、老眼かもしれませんし、そのあたりは大目に見てもいいのではないでしょうか。それより、予算の本質的な部分についての議論を深めてもらいたいものです。

 神澤は、桜田大臣よりも根本匠厚生労働大臣の答弁のほうが気になりました。自分の言葉で答弁するのはいいのですが、言葉足らずというか、わざと質問にストレートに答えないようにしているのか……質問している議員に対しての敬意が感じられない雰囲気に今後の不安を感じました。

●疑惑の片山さつき大臣にささやかれる噂

 予算委員会では、片山さつき内閣府特命担当大臣の政治資金収支報告書への記載漏れ疑惑についても追及がありました。片山大臣が代表を務める政党支部の2種類の報告書の間で、政党交付金の額に200万円のずれが生じているという問題ですが、誰もが「あれだけの額の記載漏れはあり得ない。残高の確認をしていないの?」と思いますよね。

 政治資金規正法では、税理士や公認会計士の監査を受け、監査意見書を添付しないと収支報告書を提出できないようになっています。しかし、ほとんどの税理士や公認会計士の方は、なぜか支出の内容にしか関心がないようです。領収書との照らし合わせは行っても、銀行口座の残高確認や入金の内訳には興味を示してくれないのです。そのため、片山事務所に限らず、多くの議員事務所は監査のときに残高の確認を行っていないと思います。

 この問題も、焦点は「どこまで秘書を信頼して任せているか」です。秘書に一任していて秘書がミスを犯したのなら仕方ないですが、実態はどうでしょうか。秘書仲間たちの間では、「秘書を信用しない片山大臣は秘書に情報を渡さないから、収支報告書担当の秘書が入金の全容を知らなかったらしい」ともささやかれています。また、「片山大臣が単に秘書のせいにしているだけだ」と怒っている秘書もいます。

●秘書にクルマで一方通行を逆走させる議員も

 国賓や海外の要人が来日しているときは、その国の国旗を国会や迎賓館の周辺の道路に掲げて歓迎する習わしがあります。私たち秘書は、国旗を見て「今日は○○国の要人が訪日中なんだな」とわかるわけです。

 11月5日から7日までは、マレーシアの国旗が掲げられました。マハティール・ビン・モハマッド首相が、秋の叙勲において「桐花大綬章」を受章したことを受けて、大綬章等勲章親授式に出席するために来日していたのです。

 マハティール首相は、御年93ながらとてもお元気です。6月に来日されたときには、議員会館の会議室で講演もされており、国と国民を愛する姿勢に深い感銘を受けました。

 ちなみに、神澤はたまにクルマで出勤することがあるので、今回は道にはためくマレーシア国旗を見つけることができました。そして、以前に国会議員の運転手業務も務めていた頃を思い出しました。幸い、後部座席から蹴ってくるような議員にあたったことはないですが、運転免許を持っていない議員に一方通行の逆走を命じられたことはありました。

「先生、ここは行けません」

「いいから行きなさい」

「いいえ、行けません」

「行きなさい」

 クルマを道端に停めて議員と押し問答をしていたら、警察官が窓をコンコンと叩いて「ここは一方通行ですから進めませんよ。どうされました?」と聞いてきたので、救われました。今では、いい笑い話です。

 運転専業の方を雇っている事務所もありますが、秘書が兼務する場合がほとんどです。しかし、運転も簡単ではありません。移動中に車内で読書をする議員も多いので、ボスの快適なドライブのために気を使いますし、車内で仕事の指示を受けることもあります。また、関係各所へ連絡することもありますし、運転中に言われたことを忘れてしまうと、当然ながら叱られます。

●1億円強盗で逮捕された元秘書の驚きの“素顔”

 11月8日には、8年前の1億円強盗致傷事件の容疑者として元国会議員秘書の男性が逮捕されるというニュースがありました。私たち秘書は「なんで、またしても議員秘書のイメージが悪くなるようなことが起きるんだろう」とがっかりです。

 逮捕された上倉崇敬容疑者は、事件当時は自民党の二之湯智事務所で公設秘書を務めており、その後は佐藤ゆかり事務所でも公設秘書を務めていました。以前、佐藤議員が地元である大阪・枚方の自民党支部とトラブルになったことがありますが、上倉容疑者はその事件にもかかわっていたそうです。佐藤事務所をクビになった後は、知り合いの議員事務所に自分を採用するよう何度も根回しをしていたとも聞いています。

 ちなみに、この“根回し”というのは、自ら履歴書を持参して「採用してください」とお願いするのではなく、共通の知人を探し、その知人から相手の議員に「上倉はこんなに顔が広く、ベテランなので採用すればメリットが大きいですよ!」と過大評価ともいえる話を伝えてもらうというものです。

 なんと、佐藤議員の対抗馬にあたる議員事務所にもアプローチしていたそうで、当該議員は「2度面接したが、あまりにもうさんくさい雰囲気だったので断った」と語っていました。本当に、間違って採用しなくてよかったと思います。

 こんな悪どい犯罪の容疑者が元秘書仲間だなんて、認めたくありません。あくまで前代未聞のケースなので、「国会議員の秘書ってうさんくさい」とか「怪しい」などとは思ってほしくないです。
(文=神澤志万/国会議員秘書)