モナコ指揮官アンリがムバッペに思わず本音「残っていてほしかった」

©株式会社FACTORIES

モナコを指揮するアンリ photo/Getty Images

就任から5試合未勝利で弱気になってしまったのだろうか。モナコを指揮するティエリ・アンリがフランス代表FWキリアム・ムバッペについて正直すぎるコメントを残している。

モナコは11日にリーグ戦で王者パリ・サンジェルマンと対戦することになっており、パリ・サンジェルマンにはムバッペがいる。現在のチーム状況を考えればパリ・サンジェルマンが圧倒的に優位で、アンリの未勝利記録はまた伸びてしまう可能性が高い。英『sky SPORTS』によると、ムバッペについて問われたアンリはモナコに残っていて欲しかったと正直な気持ちを述べている。

「彼はずば抜けた選手で、彼がフランスにいるのはハッピーなことだよ。まだモナコにいてほしかったよ。そうすればパリ・サンジェルマンとの試合もイージーなものになっただろう。みんなムバッペのドリブルについて話すけど、私は常に彼のインテリジェンスに驚かされる。彼の年齢では滅多に見られないものだ」

ムバッペ1人だけでモナコを復活させることは難しいだろうが、前線にムバッペのようなスピードスターがいれば非常に心強い。単純な堅守速攻でも何かを起こせるかもしれない。いない選手のことを嘆いても仕方がないが、アンリはモナコで初勝利を挙げられるのか。相手がパリ・サンジェルマンとはいえ惨敗してしまうと立場が怪しくなってきそうだ。