コンビニの棚蹴り商品3分の1が散乱 女性と口論の暴力団員

©株式会社神戸新聞社

兵庫県警尼崎東署=尼崎市潮江5

 コンビニの陳列棚を蹴って商品を散乱させ、営業を妨げたとして、兵庫県警尼崎東署は10日、威力業務妨害の疑いで、指定暴力団任侠山口組系組員の男(38)=尼崎市=を逮捕した。同署によると、店内にあった商品のうち3分の1以上が床に落ちたといい、片付けや捜査協力のために営業再開まで約4時間を要したという。

 逮捕容疑は9日午後10時ごろ、尼崎市内のコンビニで、複数の陳列棚を蹴り、菓子や生活用品などの商品を床に散乱させて、約4時間にわたって業務を妨害した疑い。調べに対し、男は容疑を認めている。

 同署によると、当時男は酒に酔っており、一緒に来店した知人女性と口論になった後に棚を蹴ったとみられる。