トルコが記者殺害事件の録音提供

米、サウジなどに

©一般社団法人共同通信社

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は10日の演説で、サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏殺害事件に関する録音の音声をサウジや米国、ドイツ、フランス、英国に提供したと述べた。アナトリア通信などが伝えた。内容は明かしていないが、各国が「(録音された)会話を聞いた」と語った。

 トルコ当局は、カショギ氏がイスタンブールのサウジ総領事館内で10月2日に殺害された際の音声を持っていると報じられている。エルドアン氏が公に事件に関わる録音の存在を認めたのは初めてとみられる。