被災農家を支援 北海道産ジャガイモを熊本で販売

©株式会社熊本放送

地震で被災した北海道の農家を支援しようと、熊本市内のイベントで北海道産のジャガイモが販売されました。

これは農産物のPRや販売を手がける熊本市の会社がネッツトヨタの協力で企画したものです。

10日は北海道の厚真町から仕入れたジャガイモ「きたあかり」を詰め放題1袋150円で販売しました。

厚真町はことし9月に起きた地震で震度7を観測。ジャガイモの保管倉庫が被災したため貯蔵が難しくなり、少しでも多くの買い手を募っていることから今回の支援につながりました。

「食べるときに少しでも被災地のことを思い出してもらうというのが一番いい。今度は継続的に買う仕組みができたらいいなと思います」(支援販売を企画したフリフル/坂口龍也社長)

11日は厚真町のメークインを販売する予定です。

(RKK熊本放送)