【卓球】張本がベスト8 中国・許シンと接戦<男子オーストリアOP>

©株式会社ピンポン

*写真:張本智和(JOCエリートアカデミー)/ittfworld

<オーストリアオープン(リンツ)2018年11月6日〜11日>

10日、オーストリアオープンは5日目を迎え、男女シングルス決勝トーナメント準々決勝が行われた。準々決勝第3試合で丹羽孝希11月度世界ランキング10位・24歳)=スヴェンソン/琉球アスティーダ=、が世界ランク1位の樊振東にゲームカウント1-4で敗北し、残るシングルスは張本智和(同6位・15歳)=JOCエリートアカデミー/木下マイスター東京=のみとなった。

張本は世界ランク2位の許シン(28歳)=中国=と対戦し、序盤から張本が得意とする台から離れない速攻で許シンを圧倒。張本は第1ゲームを先取するも、第2ゲームを15-17のデュースで落とし、ここから許シンに流れを奪われる。許シンの粘り強いラリーに張本はミスが増え、ゲームカウント1-3と追い詰められる。

張本が1ゲームを取り返し迎えた第6ゲーム、許シンがギアを一段階上げ、威力のあるフォアハンドドライブで得点を重ねる。張本は逆転の糸口を見出せず、最後はエッジボールで得点を許し、ゲームカウント2-4で敗北した。張本は今大会をベスト8で終えた。

男女シングルスの日本勢はこれで全員が敗退したものの、明日は男女ダブルス決勝が控えており、伊藤美誠/早田ひなペアと、大島祐哉/森薗政崇ペアが勝ち残っている。日本勢優勝なるか。

オーストリアOP 大会5日目(日本男子の結果)

男子シングルス

<準々決勝>
張本智和 2-4 ◯許シン(中国)
11-6/15-17/9-11/5-11/12-10/9-11

文:ラリーズ編集部