【日米野球】MLB松井コーチ、連日アーチの柳田に感心しきり「何か特別なものを持っている」

©株式会社Creative2

4打数4安打4打点と大暴れした侍ジャパン・柳田悠岐【写真:Getty Images】

前日のサヨナラ弾に続き、4打数4安打4打点と大暴れ

■侍ジャパン 12-6 MLBオールスター(10日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は10日、東京ドームで第2戦が行われ、侍ジャパンが12-6とMLBオールスターチームに大勝した。この日「4番・DH」で起用され、4打数4安打4打点と大暴れした柳田悠岐(ソフトバンク)に、MLBオールスターチームの松井秀喜コーチは「あれだけ結果を出すんだから、何か特別なものを持っているんでしょうね」と感心しきりだった。

 前日の劇的な逆転サヨナラ2ランに続き、この日は先制タイムリー、2試合連続2ラン、左前適時打、左前打とバットが火を噴いた。3回に逆方向の左中間席へ叩き込んだ2ランには、さすがのMLBベンチも唖然とした様子を隠せず。この日、4番で起用した稲葉篤紀監督の期待に最高の形で応えた。

 この様子をMLBベンチから見届けた松井コーチは「素晴らしかったですね」と切り出すと、「細かいところは分からないですけど、あれだけ結果を出すんだから、何か特別なものを持っているんでしょうね。実績も十分の選手ですから」と頼もしそうに話した。

 これまでの日本人打者の概念を吹き飛ばすパワフルな打撃で、第3戦も“ギータ劇場”を続演させたい。(Full-Count編集部)