アクアV1初勝利 PFUにストレート勝ち

©株式会社北日本新聞社

 バレーボールのVリーグ女子1部(V1)は10日、各地で5試合を行い、KUROBEアクアフェアリーズは金沢市総合体育館でPFUブルーキャッツに3−0でストレート勝ちし、今月3日に開幕したV1で初白星を挙げた。通算成績は1勝2敗で、東地区6チーム中3位に順位を上げた。

 アクアは第1セット、左右から着実に得点し25−18で先取すると、第2セットもエース平谷や和才らのスパイクが決まり25−19で連取した。第3セットは終盤に接戦となり、ジュースの末に30−28で競り勝った。

 丸山貴也監督は「全員が持ち味を発揮した試合だった。守備やつなぎで粘り、左サイドから点を取れたことが大きい」とコメントした。

 次戦は11日午後1時から、同会場でトヨタ車体クインシーズと対戦する。