岡山県13大学で共通テスト試行

©株式会社山陽新聞社

 大学入試センターは10日、2020年度からセンター試験の後継となる大学入学共通テストに向けた試行調査を実施し、岡山県内でも13大学を会場に始まった。2日間にわたり、対象学年や教科が異なる2種類の日程で延べ35校約1600人が受ける。

 就実大(岡山市中区西川原)では、高校2年以上が対象の「A日程」を実施。県内のある高校の約90人が、試験官の同大教員から注意事項の説明を受け、国語と数学I・Aの試験に臨んだ。

 広島県では延べ47校約1900人、香川県では延べ17校約800人が参加する。