早大らしさを出せずまさかの惨敗

©早稲田スポーツ新聞会

 2ヶ月以上にわたって激闘が繰り広げられてきた関東大学リーグ戦(リーグ戦)もいよいよ最終週へ突入し、残り2試合を残すのみとなった。第20節を終えて通算成績を10勝10敗としていた早大は、1巡目の対戦で敗れた日大と対戦した。前回のリベンジを期して臨んだ一戦だったが、試合は序盤から一方的な展開に。攻守ともに精彩を欠いた早大に対し、日大に次々とシュートを沈められて前半で17点のリードを許すと、後半も相手の勢いを止めることができず63-104と41点差をつけられる惨敗を喫した。

 バスケットボールの怖さ、難しさを改めて思い知らされる試合となってしまった。2メートル超の留学生センターの高さとスリーポイントが武器の日大に対し、リバウンドを粘って拾うことを意識して試合に入った早大だが、「最初に強度の高いディフェンスができなかったことが全て」とF濱田健太主将(社4=福岡第一)が語ったように、プレッシャーをかけきることができず序盤から相手に立て続けにシュートを決められてしまう。なんとか追い上げたい早大であったが、この日はアウトサイドシュートが決まらず波に乗れない。攻守に早大らしさが見られないまま13点差をつけられて第1クオーター(Q)を終えると、第2Qも歯がゆい展開となる。ボールマンに強いプレッシャーをかけてくる相手のディフェンスを前にターンオーバーを連発し、速攻で連続得点を許す。さらには相手にオフェンスリバウンドを奪われてシュートをねじ込まれるなど、自分たちのミスから崩れてリードを広げられてしまった。

3本のスリーポイントシュートを決めて気を吐いた濱田

 巻き返しを図りたい後半だったが、一度相手に大きく傾いた流れを取り戻すことは容易ではなかった。前半よりも激しく相手にプレッシャーをかけ、相手に難しいシュートを打たせることに成功したが、勢いに乗った日大の選手たちのシュートは次々とリングを通過する。一方の早大のオフェンスでは、ドライブで相手を引き付けてノーマークの選手がスリーポイントシュートを放つもボールはリングに弾かれた。「下がるな」というヘッドコーチの大きな声が飛ぶ中、選手はなんとか守備からリズムを作ろうとしたが、この日の日大のシュートは全く落ちる気配がなく、「中も外も相手にやりたいことを全部やらせてしまった」(濱田)と第3Qだけで36点を奪われてしまった。第4Qでも点差を縮めることができず、最終的に41点という大差をつけられて敗れた早大。試合開始から後手に回り、一度も流れをつかむことができないまま屈し、もどかしさだけが残る試合となった。

最後まで流れをつかむことができなかった早大の選手たち

 いよいよ明日はリーグ戦最終節。きょうのショッキングな敗戦から立ち直ることは簡単ではないだろうが、主将の濱田は「リーグ戦は負けても勝っても試合がある。ここで切り替えてできるかどうか、ワセダの本質が問われる試合で、みんなしっかりと準備してやってくれると思う」と言葉に力を込めた。最終戦こそ早大らしいバスケットを表現し、いい形でリーグ戦を終えることに期待したい。

(記事 吉田寛人、写真 阿部かれん、小林理沙子)

第94回関東大学リーグ戦 11月10日(vs日大)

   1Q 2Q 3Q 4Q 合計

早大

10 17 18 18 63