ロシアメディアが中国J―20ステルス戦闘機を酷評「ロシアのエンジンなければ飛べない」

©株式会社 Record China

中国メディアの新浪網は9日、ロシアメディアが、「ロシアのエンジンがなければ、飛べない」などと、中国のステルス戦闘機J―20(殲―20)を酷評していると紹介した。新浪網は、中国がロシア機より優秀な戦闘機を開発したための「嫉妬」などと評した。

中国国際航空航天博覧会(珠海航空ショー、2018年は11月6日~11日開催)に出展したことで、J―20は改めて注目されることになった。新浪網はまず、news.bgの記事を紹介。「おもしろい反応をしている」と論じ、「見出しが『中国はステルス戦闘機J―20を出展』なのに、記事は書き出しの直後に中ロ共同開発のワイドボディー旅客機のCR929の話題に転じた」と指摘した。

同記事はCR929を、米ボーイング社のB787や欧州エアバスA350と競争できると「持ち上げた」という。

新浪網は続けて、ロシアメディアの「チャンネル1」の記事を紹介。同記事はCR929を紹介した上で、J―20については、パクリ、コピー、窃盗といった言葉を並べ、最後の部分では「中国が誇りとする第5世代戦闘機だが、ロシアのエンジンがなければ飛び立つこともできない」と酷評したという。

新浪網は「チャンネル1」の論調を「まさに嫉妬のあまり」などと、逆に酷評。ロシアメディアの全体的な特徴として、CR929は前途があり利益も出せると賞賛し、J―20はエンジンなどロシアの部品がなければどうしようもないと論じたしたと紹介した。

新浪網は、「中国はかつて、ロシアから戦闘機を大量に輸入した」として、「(中国)空軍の現代化で、ロシア人には一定の功労があった」と認めた上で、「ところが今になり、ロシア人は中国人がSu―57よりも優秀な作品を開発したと知った」と論じ。ロシア人の心理上の落差は、流れ落ちる滝のようなものと評した。

なお、Su―57はロシア・スホーイ社が開発した第5世代戦闘機。試作段階の名称はT―50だが、韓国の練習機T―50との混同を避けるため、開発名称のPAK FAと呼ばれることも多かった。2017年になり正式名称がスホーイ57(Su―57)になったことが明らかにされた。

Su―57の初飛行は2010年1月で、中国のJ―20が2011年1月だったのに比べ、1年ほど早かった。ただし、中国空軍が2017年3月にJ―20の運用を始めたのに対して、ロシア軍はSu―57の運用がまだできていないとみられている。(翻訳・編集/如月隼人)