実篤の理念、未来へ 新しき村100年で記念祭

©株式会社宮崎日日新聞社

100周年を記念して建立された文学碑「大愛」の除幕を行う関係者ら=10日午前、木城町総合交流センター「リバリス」

 文豪・武者小路実篤(1885~1976年)と同志が開いた、木城町石河内の農村共同体「日向新しき村」の創立100周年記念祭(実行委主催)は10日、木城町の総合交流センター「リバリス」であった。約400人が訪れ、文学碑の除幕や講演などで節目を祝い、実篤の理想継承へ思いを新たにした。