小松未可子さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?「俺ガイル」戸塚彩加、「K」ネコを抑えたトップは…

©株式会社イード

「K SEVEN STORIES」(C)GoRA・GoHands/k-7project

11月11日は小松未可子さんのお誕生日です。

小松未可子さんは2010年に声優としての活動をスタート。2018年も『ゾイドワイルド』や『若おかみは小学生!』などの作品でメインキャラクターを務めました。秋の新作TVアニメ『爆釣バーハンター』ではエンディングテーマ「友情ZABOOOON!!」も担当。歌声で世界観を表現しています。

そこでアニメ!アニメ!では、小松未可子さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。10月31日から11月7日までのアンケート期間中に116人から回答を得ました。

男女比は男性約61パーセント、女性約39パーセントと男性が少し多め。年齢層は19歳以下が約24パーセント、20代が約43パーセントと若年層が中心でした。

■トップは『モーパイ』加藤茉莉香 男の娘やボーイッシュなキャラも

1位は『モーレツ宇宙海賊』の加藤茉莉香。支持率は約14パーセントでした。女子高生でありながら宇宙海賊の船長になってしまった茉莉香。彼女には「茉莉香の持っている素直で真っ直ぐなところや、少女らしさの中にある凛としたしたところが、ものすごくマッチしている。これを見て小松未可子さんのファンになりました」など、キャラと声が合っていたというコメントが複数寄せられました。

デビューシングル「Black Holy」は本作のイメージソングであり、「個人的には原点というイメージがあります」という意見も。「あんな船長なら付いて行きたい」という船員を希望するコメントも見られ、カッコ可愛いところがファンを惹きつけています。

2位は『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の戸塚彩加と、『K』のネコが同票でランクイン。支持率は約9パーセントでした。

とても可愛い男子高校生の戸塚彩加には「誰だって魅了されますよ。男の娘だけど」との声が。危ない魅力に引き込まれているファンが多いようです。

女性票ではトップに輝いたネコは、主人公・シロのことが大好きな少女。「小松さんを初めて知った作品で、無邪気な演技がとても役にハマっていると思った」や「自由気ままなネコと、白のことになると必死になるネコの演じ分けがすごいから」というコメントが寄せられました。

女の子っぽい男の子である戸塚彩加とは反対に、ボーイッシュな女性キャラも人気。4位はいつも男装をしている『ニセコイ』の鶫誠士郎、6位には男だと勘違いされている『青春×機関銃』の立花蛍が登場しています。

さらに『ガンダムビルドファイターズ』のイオリ・セイや『HEROMAN』のジョセフ・カーター・ジョーンズなど少年役もランクイン。今回のアンケートは女性票も比較的多く、男女を問わずファンのハートを掴んでいることが分かる結果でした。

■ランキングトップ10

[小松未可子さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?]

1位 加藤茉莉香 『モーレツ宇宙海賊』

2位 戸塚彩加 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』

2位 ネコ 『K』

4位 鶫誠士郎 『ニセコイ』

5位 潮留美海 『凪のあすから』

6位 イオリ・セイ 『ガンダムビルドファイターズ』

6位 音羽歌苗 『クラシカロイド』

8位 立花蛍 『青春×機関銃』

9位 シンシャ 『宝石の国』

10位 ジョセフ・カーター・ジョーンズ 『HEROMAN』

10位 涼野いと 『プリティーリズム・レインボーライブ』

10位 セレジア・ユピティリア 『Re:CREATORS』

(回答期間:2018年10月31日~11月7日)

■全体ランキング

[小松未可子さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?]

1位 加藤茉莉香 『モーレツ宇宙海賊』

2位 戸塚彩加 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』

2位 ネコ 『K』

4位 鶫誠士郎 『ニセコイ』

5位 潮留美海 『凪のあすから』

6位 イオリ・セイ 『ガンダムビルドファイターズ』

6位 音羽歌苗 『クラシカロイド』

8位 立花蛍 『青春×機関銃』

9位 シンシャ 『宝石の国』

10位 ジョセフ・カーター・ジョーンズ 『HEROMAN』

10位 涼野いと 『プリティーリズム・レインボーライブ』

10位 セレジア・ユピティリア 『Re:CREATORS』

13位 お紅 『つくもがみ貸します』

13位 マノン 『ポケットモンスター XY』

13位 村尾修子 『アオハライド』

13位 ユメ 『灰と幻想のグリムガル』

(回答期間:2018年10月31日~11月7日)

高橋克則