「結婚は必須ではない」、韓国人の過半数が回答―中国メディア

©株式会社 Record China

2018年11月7日、新民晩報は、韓国人の過半数が結婚はもはや「必須」ではないと考えていると伝えた。

記事は、韓国統計庁が6日に公表した「2018年社会調査報告」について紹介。3万9000人の韓国人に対し、「恋愛・結婚観」について調査したところ、「結婚は必須」と回答した人は48.1%にとどまり、初めて50%を割り込んだという。

男女別では、「必須」と回答した男性は52.8%で、女性の43.5%を上回った。「必須ではない」との回答は女性が3.8%で、男性の2.2%を上回った。

記事によると、10年には「必須」との回答が64.7%だったが、12年は62.7%、14年は56.8%、16年は51.9%と年々減少しており、今年は初めて50%を下回った。

結婚生活において誰が家事を担当するかについては、59.1%の人が「夫婦が共同で分担すべき」と回答。この数字は08年の32.4%と比べるとほぼ2倍に増加した。「妻が家事を担うべき」との回答は38.4%で、08年の66.5%と比べると、大幅に減少した。

年齢別では、19歳から29歳の若者の49%が、「家事は夫婦が共同で分担すべき」と回答したが、40歳から49歳の中年層だと80%以上の人が「家事は妻が担うべき」と回答したという。(翻訳・編集/山中)