“普天間”移設への理解求める 岩屋防衛相沖縄訪問

©株式会社フジテレビジョン

岩屋防衛相は、10日、就任後初めて沖縄県を訪問し、玉城知事や名護市長などにアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設について理解を求めた。

玉城知事「県民の理解が得られない辺野古の新基地建設を断念していただきたい」

岩屋防衛相「(辺野古移設で)今度は飛行経路が海上になるので、安全性も向上すると思う」

会談で、玉城知事が普天間基地の5年以内の運用停止などを求めたのに対し、岩屋防衛相は、「抑止力を維持しながら、負担軽減に全力を尽くしたい」と述べ、移設工事を進める方針をあらためて明確にした。

一方で、岩屋防衛相は、記者団に対し、普天間基地の運用を停止する新たな目標期限の設定を示唆し、沖縄側に協力を呼びかけた。

また、辺野古がある名護市で、岩屋防衛相は、渡具知市長にも理解を求めたが、市長は辺野古移設への賛否には触れず、住民の負担軽減に取り組むよう政府に要請した。